016.1 時間あたりの人件費の算定方法  2012.07.12

 
  コストダウンを進める場合は、「コストダウンのためにそれ以上の人件費をかけない」。一方、生産性向上を進める場合は、「かけた人件費に対して、より収益性を高めること」がポイントになります。その基準となる人件費の簡単な算定方法をご説明しましょう。

 

 (1)年間の人件費
  @給料の総支給額 + A社会保険料 + B通勤手当
  (注)@自社発行の源泉徴収票の「支払金額」欄より A源泉徴収票の「社会保険料等の金額」より B月額×12 
    社会保険料の会社負担額はAよりやや多い金額になりますが、計算の簡素化のため個人負担分で計算
                      
 (2)1時間あたりの人件費
  (1)で求めた年間人件費 ÷ C年間労働時間(残業時間を含む)
  (注)Cがわからない場合は、1800時間で計算してください。
 

  
 ● (例)年収500万円、通勤手当が月額1万円、社会保険料が年間で約70万円の従業員の場合。

 

 (1)年間の人件費
  @給料の総支給額 + A社会保険料 + B通勤手当 = 582万円
                      
 (2)1時間あたりの人件費
  (1)で求めた年間人件費 ÷ 1800時間 ≒ 3,233円/時間  →  1日8時間なら25,864円/日

 

  この方法により各従業員の1時間あたりの人件費コストが計算できれば、各従業員が「勤務時間内に自分は何をすべきか、何を切り捨てればよいのか」「1時間、1日、1ヶ月あたりの数値目標」を考えるきっかけになるのではないでしょうか。

 

→ 最新記事へ