激しい競争社会を生き抜くためのヒント  2016.03.30

 

 

1.かつて世界の経営者が目指したもの 

 

 入山章栄著 世界の経営学者はいま何を考えているのか
 この本は、2013 年にベストセラーになりました。
 その中で紹介されているのが ・・・
 「 ハイパー・コンペティション (激しい競争) の時代 」 です。

  

 その前に、マイケル・E・ポーター著 競争の戦略 について、ご紹介します。
 1980 年に発行され、ビジネス書の代表作として、世界的な地位を確立 しました。
 著名な経営者が、最も多く推薦する図書にも選ばれました。
 ただし、私には大変難しく、一部しか読んでいませんが。

  

 その要点を超簡単に説明すると ・・・
 @ 10 年以上、高い業績を維持することが重要
 A @ を実現させるためには、適切な産業を選ぶ ( ポジショニング戦略 1 )
 B A で選んだ産業の中で、ユニークなポジションを取る ( ポジショニング戦略 2 )

 

 

2.「 競争 」 や 「 戦い 」 を避けて 「 勝つ 」 が ベスト 

 

 適切な産業を選ぶポイントは、以下の 3 点です。
 @ 競争が激しくない   A 新規参入が難しい   B 価格競争が起きにくい  
   つまり、書名は 「 競争の戦略 」 ですが、中身は 「 競争を避けるための戦略 」。
   競争の少ない産業を選んで、その中でユニークなポジションをとる  ・・・ これが主旨です。

  

 百戦百勝は善の善なる者にあらず。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。
 もし戦えば、自分たちも、無傷では済まないものです。
 だから、100 戦して、100 勝するのが、ベストとは言えません。
 「 戦わずして相手に負けを自覚させる 」、これがベスト です。

  

 これは、中国古典の 1 つ、孫子の一節です。
 もともと戦争用のテキストであり、古くは徳川家康など、戦国武将の教科書 としても利用されました。
 今日においては、政治家や経営者のビジネス書として、愛読されています。
 両者とも、「 争いや戦い 」 と、「 成功や勝利 」 を区別しています。

 

 

3.現代は激しい競争社会 

 

 やっと本題です。
 ポーターは、「 10 年以上、高い業績を維持することが重要 」と述べました。
 ところが、この「 10 年以上 」 の部分が、近年は、極めて難しくなってきました。
  「 ハイパー・コンペティション (激しい競争) の時代 」 の特徴の 1 つ です。

  

 米国の 2 人の研究者が、統計値を分析したところ ・・・
 @ 10 年以上、高い業績を維持する米国企業は、全体の 2 〜 5 %
 A さらに、年々、難しくなってきている
 B 長期的な成功に見えたとしても、実は 「 連続する短期的な成功 」 だった 

  

 かつては、ヒット曲が 1 つあれば、歌手は、一生、安泰でした。
 しかし、近年は競争が激化したせいか、小ヒット曲が、たくさん現れ、すぐに消えていきます。
 数十年後まで、記憶に残る曲が、果たしてあるのでしょうか。
 このような状況下で、成功を維持するためには、どのような戦略が有効なのでしょうか。

 

 

4.「 ホームラン × 1 本 」 から 「 ヒット × 4 本 」 の時代へ 

 

 現在の状況を、野球にたとえれば、ホームランが出なくなった ようなものです。
 「 飛ばないボール 」 に 「 反発力の弱いバット 」 に、ルールが変わった時代もありました。
 どうすれば得点を増やすことができるでしょうか。
 それは、単発のヒットを重ねることです。

  

 ただし、ホームラン 1 本の代わりに、単発ヒットを 4 本打ち続ける、必要があります。
 ビジネスに話を戻すと、それは 「 積極的に競争行動をとる 」 ことです。
 競争行動とは、消費者の目に見えるような、自社製品やサービスの動き。
 たとえば、以下のような活動のことです。

  

 @ 新製品・新サービスの投入 ・ モデルチェンジ
 A 大がかりな販促活動 ( バーゲン・景品 )
 B 大幅な値下げ
 C 特殊な販売方法への変更など

 

 

5.競争行動のメリット 

 

 ハイパー・コンペティションの時代には、以下の点も、求められます。
 @ めまぐるしい社会の変化に、対応する
 A 嗜好の多様化により、多品目を少量生産する
 「 積極的な競争行動 」 は、これらの点でも、有利に働きます。

  

 アベノミクス導入以来、円安でしたが、現在は円高。
 中国経済が急成長を続けると思いきや、今後 10 年は立ち直れないと言われています。
 変化に注意を払いながら、自社の製品やサービスを、変えていく 必要があります。
 さらに、その度に、顧客にうまくアピールすべきです。

  

 また、需要が供給を上回ると ・・・
 つまり、モノやサービスがあふれると、消費者が個人的な嗜好を高めます。
 ニッチ市場が、無数に存在するような状況が、生まれる訳です。
 自社の規模に応じて、複数のニッチ市場をターゲットにする、戦略も考えられます。

 

 

6.2 代目社長は要注意 

 

 米国の研究者が、競争行動とシェアの関係について、データを統計解析したところ ・・・
 より多く、より長く、競争行動を取った企業の方が、シェアが拡大する。
 つまり、「 積極的な競争行動が有効 」 という結果が出ました。
 まずは、「 ハイパー・コンペティション (激しい競争) の時代 」 を、意識することではないでしょうか。

  

 しかし、競争行動に関心の低い企業も、少なくありません。
 特に、経営者が 2 代目以上の中小企業は、危機感に乏しい 傾向が見られます。
 事業より社交、事業より社内、事業より家庭、事業より趣味、事業より贅沢。
 このような状態では、数年以内に、経営危機を迎えることでしょう。

  

 一方では、若い世代が、下から突き上げてきます。
 毎年、新しい社会に適合した若者たちが、大勢、流れ込んできます。
 かつて優秀だったとしても、40 代以降は、大いに警戒するのが正解です。
 日々の勉強を怠れば、仕事さえ失う恐れがあるでしょう。

 

 

7.起業家のチャレンジ精神に学ぶ 

 

 @ 企業のエグゼクティブは、体系としてのマネジメントの、「 経営管理的な側面 」 に、全面的にコミットしている
  しかし、いまや 「 起業家的な側面 」 に、コミットしなければならない。
 A この壮大な転換期において、社会の安定を確実なものとするには、既存の組織が生き残り、繁栄術を学ぶ必要がある。
 そのためには、起業家として成功するための方法を、学ばなければならない。

  

 @ A ともに、ドラッカーの言葉です
 何を言っているのかと言うと ・・・
 経営者はこれまで 「管理」 に重点を置いてきました。
 しかし、 変化の激しい今日は、「 起業家的な性格 」 を重視すべき、とのことです。

  

 つまり、安定期の経営者たちと、同じ考え、同じ行動をとっていては、生き残ることができません。
 だから 「 起業家 」 として考え、「 起業家 」 として行動することが、求められます。
 起業家は、ゼロから事業を立ち上げます。
 業界の常識にとらわれることのない、そのチャレンジ精神に学べ ということでしょう。

 

 

8.競争を避けるための 「 究極の方法 」 

 

 ドラッカーによれば、事業の目的は 「 顧客の創造 」 です。
 顧客の創造を実現させる方法は、マーケティングとイノベーション。
 この 2 つしかありません。
 ビジネス本を読み始めて、この仕組みにたどりつくまで、私は数年を要しました。

  

 マーケティングは、すでに市場にいる顧客を、ターゲットにします。
 結果的に、限られた顧客を、同業者間で、奪い合うことになるのではないでしょうか。
 一方、イノベーションは、おもに 「 ノン・カスタマー 」 を、ターゲット にします。
  市場の外にいる顧客をねらうことにより、市場拡大にもつながります。

  

 マーケティングの方が、はるかに成功の確率が高いのですが ・・・
 より上位を目指すため、すさまじい競争に、巻き込まれる恐れもあります。
 また、市場の縮小が進むと、競争に勝っても、利益が見込めません。
 イノベーションは、オンリー 1 を目指すため、成功すれば一人勝ち の可能性もあります。

 

 

9.「 イノベーション 」 は起業家の道具 

 

 イノベーションとは起業家に特有の道具であり、変化を機会として利用するための手段である。
 これもドラッカーの言葉です。
 つまり、起業家はイノベーションを道具に、変化をチャンスとして利用します。
 キーワードは 「 イノベーション 」 「 起業家 」 「 特有の道具 」 「 変化 」 「 機会として利用 」。

  

 さらに、マーケティングとイノベーションの違いを、理解するために ・・・
 マーケティングが、目指すのは、「 よりよく 」 「 より多く 」。
 イノベーションが、目指すのは、「 より新しく 」 「 より異なる 」。
 この頭の切り換えが必要です。

  

 イノベーションから生まれた、新製品や新サービスは ・・・
 既存の常識で考えると、しばしば 「 変なモノ 」 見えてしまいます。
 たとえば、回転ずしが出始めた頃、「 あんなものは寿司じゃない 」 と、言われていました。
 ところが、既存のすし店の多くを、閉店に追い込み、今ではすっかり定着しました。

 

 

10.業界で 「 ユニークなポジション 」 を目指す 

 

 著者の入山さんは、ポーターの理論と、近年の理論を総括して、次のように述べています。
 積極的な競争行動により、攻めることが重要。
 そのためには、業界でユニークなポジショニングをとる こと。
 それが、攻めの姿勢をとりやすくする。

  

 つまり、激しい競争社会を生き抜くためには ・・・
 ユニークな存在を目指すこと。
 すると、競争を避けながら、攻めることが可能になります。
 これが 「 競争回避 」 と 「 攻め 」 を、両立させる方法 です。

  

 さらに、競争とは、比較から生まれます。
 比較とは、近いレベルから発生するものです。
 激しい競争社会において、競争を避け、果敢に攻めながら、幸せに生きるためには ・・・
 同質同レベルの人たちと、群れないこと ではないでしょうか。
 

 

  ※参考文献
  入山章栄著 世界の経営学者はいま何を考えているのか 」       
  マイケル・E・ポーター著 競争の戦略
  守谷洋著 中国古典の名言・名句三百選 」   
  P.F.ドラッカー著 経営の哲学 」 「 変革の哲学 」 「 創造する経営者 」 「 イノベーションと企業家精神