50歳、第2の人生を考える時  2018.05.30

 

 

1.50歳で見えてくる人生の終わり

 

 50歳が近づいたとき ・・・
 自分の人生にも終わりがあることを、初めて実感しました。
 きっかけは、病気や事故などではありません。
 簡単な引き算によるものです。

 

 平均寿命まで生きられるとすると ・・・
 40 歳の時点で、人生の残り時間は、80 − 40 = 40 年間になります。
 しかし 40 歳の人が、40 年間の長さを、実感することはできません。
 なぜなら、過去 40年間 の人生のうち、生後、数年間の記憶がないからです。

 

 やがて 50 歳になると ・・・
 人生の残り時間は、80 − 50 = 30 年間になります。
 30 年前、つまり 20 歳以降の記憶であれば、断片的ながら、明確に残っている ものです。
 この瞬間、初めて人生の残り時間の短さに、気づかされました。

 

 

2.第2の人生を考える時

 

 残り 30 年しか生きられない。
 この事実に気づいたときのショックは、相当なものでした。
 さらに 今後 30 年間は、過去 30 年間よりも、はるかに短く感じられる でしょう。
 どうすれば 1 日をより長く感じられるかと、悩んだものです。

 

 一方、50 歳になったおかげで、楽になったこともあります。
 家庭では、子供もある程度、育っていました。
 仕事では経験を積み、日常起きることであれば、おおむね結果を予測できます。
 若い頃のような、強いストレスと向き合うことも、なくなりました。

 

 時間と体力の面では、限界を意識しつつも、心身への負担はピークを過ぎていました。
 このような状況のもと、ある思いが頭を過ぎりました。
 これまでとは違う生き方を、模索すべきではないか。
 今回のテーマは、「第 2 の人生」 です。 

 

 

3.第1の人生の限界

 

 順調にやってきた 45 歳あるいは 50 歳と言えば、心身ともに働き盛りである。
 その彼らが仕事に飽きたということは・・・
  第 1 の人生では、行き着くところまで行った ということである。
 そのことを知ったということである。

 

 これはドラッカーの言葉です。
 未成年期を除けば ・・・
 第 1 の人生は、最初の就職から始まっています。
 50 歳にもなれば、そこから 30 年前後は、経っているでしょう。 

 

 仕事にも精通し、安定した成果を残すことができます。
 かし、それが原因で感動から遠ざかり、惰性の日々を送るようになります。
 もし 100 歳まで生きることになったとしたら、残り 50 年はあまりに長く、辛いものになる でしょう。
 経済的な不安もありますが、精神的な不安は、さらに大きなものです。

 

 

 

4.働き方を変えてみる

 

 第 1 の人生の限界が訪れたとき ・・・
 
問題があるのは、「能力」 ではなく 「意欲」 です。
  気分転換をすれば、よみがえる可能性があります。
 たとえば、働き方を変えてみる。

 

 ドラッカーが提案する 3 つの方法とは ・・・
 @ 転職する
 A 副業をもつ
 B 今の仕事を減らして、新しい仕事 (特に非営利の仕事) をもつ

 

 サラリーマンは、自分を抑えなければいけません。
 心の健康を維持するためには、オンとオフの切り換えが必要です。
 今の職場に限界が見えてきたら ・・・
 一度、自分をリセットするために退職し、まとまった余暇を過ごす ことも考えられます。

 

 

5.人生に新たなテーマを設定する

 

 退職も転職も不可能な、中小企業の経営者には ・・・
 「人生に新たなテーマを設定する」 という方法もあります。
 50歳までに準備することでも、お話ししましたが ・・・
 「人生の残り時間」 と 「その間にできること」 には、限りがあります。

 

 余生の中で、自分が何に取り組むべきか。
 50 歳までには、そのテーマを決めたい ものです。
 私自身は、50 歳を数年オーバーしたところで、ようやく決まりました。
 ここでドラッカーの金言を 1 つ。

 

 エネルギッシュに働くことはできない。
 しかし判断力に狂いがなく、20 年前よりも優れた意思決定を行う人がいる。
 年とともに欲を離れ、かつ知恵と親身さを併せもつならば ・・・
 助言者として、最高の仕事をする。

 

 

6.余生をいかに充実させるか

 

 第2の人生を始める目的は ・・・
 「自分自身をリフレッシュさせること」。
 それによって 「人生の残り時間を充実させること」 と、考えています。
 だからこそ、テーマは 「やりたいこと」 の中から、選びたい ものです。

 

 私は 「やりたいこと」 を、2 つに絞りました。
 1 つ目は、「有益なこと」。
 社会にとって有益な目標に向かうとき、精神面を最も充実させることができます。
 過去の人生から学びました。

 

 2 つ目は、「楽しいこと」。
 趣味、人づきあい、仕事など ・・・
 自分の本心と向き合い、心から楽しいと感じられることをしようと。
 以上の結果、有益でもなければ、楽しくもないことには、時間を割かなくなりました。

 

 

7.旧友と再会して感じること

 

 第 2 の人生のテーマは、さらに 「できること」 の中から、選択したい ものです。
 それが成果を生み、充実感につながります。
 「自分が何をやりたいのか」 は、人によって、わかりにくいかもしれません。
 一方、「自分ができること」 は、案外、わかりやすいものです。

 

 たとえば旧友と再会する度に、感じることがあります。
 それは、その後の 「時間の長さ」 と 「経験の重み」 。
 それぞれの道を、延々と歩いてきたものだと、しみじみ思います。
 その結果、それぞれが異なる色に染まっています。

 

 何れがよいのかという問題ではありません。
 それぞれが偏った存在になったという事実だけです。
 お互いに自分の仕事ではプロになったものの ・・・
 その他の分野では、相手の足下にも及ばない ことが、明確になっています。

 

 

8.自分のことをよく知る

 

 「自分ができること」 を、より正確に把握するためには ・・・
 自分自身のことを、よく知る 必要があります。
 能力、経験、性質、性格、好み、時間、体力、環境、人脈など。
 これらについて客観的に評価し、等身大の自分を直視する。
 ここでドラッカーの金言を 2 つ。

 

 今さら自分を変えようとしてはならない。
 うまくいく訳がない。
 自分の得意とする仕事のやり方の向上には、力を入れるべきである。

 

 不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。
 自らの強みに集中すべきである。
 無能を並みの水準にするには ・・・
 一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。

 

 

9.第2の人生の準備を急ぐこと

 

 第 2 の人生の準備は、急がなくてはいけません。
 もし定年退職後にスタートさせると ・・・
 退職前の数年間は、仕事への意欲も低下し、時間を無駄に過ごす恐れがあります。
 さらに定年後の可能性も狭まり、第 2 の人生を充実させることが難しくなります。

 

 たとえば仕事オンリーだった人が、60 代後半から趣味を始めたとしても ・・・
 若い頃のような感性が失われているため、趣味の素晴らしさに気づけない かもしれません。
 趣味であるにもかかわらず、義務や責任、比較や競争など、仕事と同じ感覚でとらえてしまう人もいます。
 これでは 「楽しむこと」 も 「味わうこと」 もできません。
 最後にドラッカーの金言をもう 1 つ。

 

 第 2 の人生をもつには、1 つだけ条件がある。
 本格的に踏み切るかなり前から助走しなければならない。

 

  

10.まずは、健康と体力

 

 私は、まだ 57 歳です。
 60 歳以降、どんな経験が訪れ、何を感じるのかは、正直わかりません。
 その範囲内で、第 2 の人生について、お話ししました。
 現在は人生の先輩方と交流しながら、参考にさせていただいています。

 

 これまでにわかったことは ・・・
 健康維持だけではなく、基礎体力の向上にも努めること。
 基礎体力が低下すると、健康の維持そのものが、難しくなるからです。
 身体的な活動だけではなく、精神的な活動のためにも、基礎体力が必要と考えています。

 

 人生の残り時間を生かして、何に取り組むべきか。
 50 歳が間近に迫ったとき、この問題に気づいてよかったと、今は考えています。
 せっかくの人生、晩年まで充実させたい と思われる方は ・・・
 第 2 の人生設計に、今日から取り組まれては、いかがでしょうか。

 


※ 参考文献 

  P.F.ドラッカー著 仕事の哲学